額作品 〜敬天愛人〜

以前書かせていただいた「敬天愛人」の書を見つけいていただいた方から、『敬天愛人』の筆文字のご依頼をいただきました。 お電話で、この言葉への思い、心情、敬天愛人を飾られる会社のこと等、いろいろとお話を伺い、私自身『敬天愛人...

古典の臨書から創作へ 〜金文編〜

書を学ぶ上でこれはよいな!と思う本に出合いました。 二玄社さんから出ている「古典の新技法」です。 私が日頃書いている文字は簡単にいえば創作文字です。 その創作文字は古典(昔の先人たちの文字)の臨書から生まれたもの。 著書...

額縁作品づくりの前に篆書の臨書

大きな額縁や掛け軸等の作品を書き始める前、書体の幅を広げるために必ず臨書をします。 臨書は昔の古典(書体)をまねして練習することですが、中でも篆書体は線を鍛えることができるので作品を作るとき以外でもおススメです。

筆文字ロゴの制作について。。

筆文字ロゴの制作はご依頼を受けて書き始めるまでとても緊張します。 お客さまが一生懸命考えた店名やブランド名を少しでも目に留まるように、お店やブランドのことが少しでも伝わるように…と、希望に応えてよいものを提供したいと思え...

余り紙に臨書(練習)

展覧会用の作品は無事に(^^;)提出できました! 最後は何処まで書き続けて終わりを決めるか、、、自分との戦いでした。 納得できる作品はそう簡単に書けず、時間だけが過ぎ(スタートが遅すぎたのですが・・・)、購入していた和紙...

展覧会用の作品づくり vol.3

展覧会出品用の言葉や書体をいくつか考えて、その書体や書き方、意味合いが展覧会作品に相応しいか等の添削を今も習っている恩師にお願いしました。 選んだ文字は大丈夫とのことで、書き順やバランスなどを見ていただき半紙に書いてもら...

展覧会用の作品づくり vol.1

約3年ぶり書道の展覧会に出品することにしました。 サイズは175㎝X45㎝。 高校の書道科時代と違って先生のお手本はなく、自ら言葉や構成を考えないといけないのでちょっと大変ですが…私なりの作り方をご紹介しながら出品日まで...