癒しの子ども書道教室

子ども書道教室
昨日は子ども書道教室の日でした。

やっぱり子どもたちには癒されます。

そして希望を感じます。

子どもたちは本番に強いようで、「今日は清書の日よ〜」と言うと、先週の何倍もの力を発揮し、みんな課題通りの力強い心のこもった書を書き上げました。
続きを読む »

米寿のお祝い in鹿児島

米寿の御祝 あいうえお作文
シルバーウィークに祖母の“米寿のお祝い”で親戚一同鹿児島へ行ってまいりました。

最初は知覧へ一度行ってみたいという話から、白水館がとてもいいからそこでおばあちゃんの米寿祝いをしよう!となり、喜寿のお祝い以来、久しぶり皆での楽しい旅となりました。

熊本県植木町から車で約3時間半、鹿児島県の知覧へ到着。

早速『知覧特攻平和会館』へ。
続きを読む »

少字数を書く 一文字「明」

明
今日はこの一文字を書いてみました。

『明』

明るい、あきらか、あかり、あける。

 
今日は久しぶりの書道教室。
書道教室

生徒さんそれぞれの個性に改めて勉強させられ、少しずつ上達されている姿を見て嬉しく思います。

私もガンバロ♪

こどもの日にちなんだことわざ

鯉の滝登り
今日はこどもの日。

今年は4月頃からたくさんの鯉のぼりを目にする機会がありました。

風になびいている鯉のぼりは本当に素敵です〜◎

端午の節句を祝う鯉のぼりは、本来武家の出陣のときに用いる幟が起源だそうです。

「鯉の滝登り」という“ことわざ”は、、中国、黄河上流の竜門にある急流を登った鯉が、竜となったという伝説で生まれた立身出世することの例えを意味しています。

この伝説になぞらえ、我が子も健康に育ち、将来は大きく出世してほしいとの気持ちを込めて、幟の絵柄も鯉が多く使われるようなり、現在の鯉のぼりが生まれたのでしょうね。
続きを読む »

5月最初の書 〜ことわざ〜

一輪咲いても花は花

一輪咲いても花は花。

という“ことわざ”を書いてみました(^^)

たくさん群生する花も美しいが、それだけが花ではなく、たった一輪咲いても美しい花は同じである。どんな小さなものでも少ないものでも、本質的には変わらないという意味があります。
続きを読む »

五文字熟語を筆文字で 〜一華開五葉〜

270429ichigegoyouwohiraku
花が実を結んで繁栄する過程(プロセス)。

一華開五葉(いちげごようをひらく)という禅語です。

この五字熟語は美しい言葉で、一輪の花が五枚の花弁を開いて、やがて実を結ぶ、自然のありのままの姿、何も気負いのない自然体で力強い繁栄の象徴を意味します。

五つの花びらとは五つの心のこと。
続きを読む »

作品づくり 〜感謝〜

感謝 筆文字
感謝という文字を玄関の入口に飾られたいとのご依頼をいただきました。

壁のバランスを考えると全紙(書道紙の最も一般的な寸法で70×136.3mm)を少し細長くしたサイズで上下に布を付けたパネル表装がいいかな…と構成をイメージしながら和紙を切り始めました。
感謝 玄関壁

『感謝』は今までたくさん書かせていただきましたが、書のパフォーマンス以外でこんなに大きく書くことはないので、正直ちょっと難しく感じました。

この写真は書き始め一枚目で、墨を少し薄くして書いたもの。

これからいろいろなタイプを書いてみて完成させたいと思います^^
続きを読む »

今日の一筆書き 〜日日是好日〜

日々是好日
今日は「日日是好日(ひびこれこうじつ)」という五字熟語を書いてみました。

「泣いてもわらっても今日が一番いい日。」「どんな日でも毎日は新鮮で最高にいい日。」という意味があります。

よく使用している墨場必携(下記写真参考)の本の解釈には。。。

「一日一日がかけがえのない時間であり、その一日を大切にし好い日にすることが肝要である。充実した日々をおくることは、誰もが理想とするところである。しかし、日々何となく過ごし、過ぎ去った時間の重さを実感するのは、かなりあとになる場合が多いようだ。」

とありました。
続きを読む »

薄墨で書く三文字熟語 〜心無累〜

270419shinmurui
三文字熟語を書きました。

心無累(しんむるい)。

意味は「心配事がなく心安らかなこと。」

意味合いを感じながら書いてみたのですが、もう少し深く調べてみると。。。

「心に気にかかることや煩わしいことがない。世俗の欲や執着を離れた世界。」

という意味もありました。
続きを読む »

弟さんへ贈る言葉を筆文字で…

弟へ贈る言葉
お姉さまから弟さんへ、誕生日のプレゼントにと頼んでいただきました。

優しいお姉さんですよね〜。

ちょうど4月から転勤されるそうで、新たな環境で再出発する弟さんへ送りたかったそうです。

トラが好きだからイラストを入れてほしいというご希望も何とかお応えさせていただきました(^^)

ちょっと可愛くなりすぎたかな。。。

書を書かせていただきありがとうございました。
続きを読む »