マンガ 書の歴史

 マンガ 書の歴史

高校の頃から書道の歴史について学んではいるのですが、興味のある部分しか頭に入らないのが現状でした…。

そんな中、3年ほど前に購入していたこの「マンガ 書の歴史」を最近になってじっくりと読んでみたら、とても面白く、分かりやすく、逆にもっと歴史について知りたくなりました。

書道をされない方でも、文字がどのように生まれて、どのように進化し、中国から日本にどう伝わり、“ひらがな”ができたのかもよく書かれています。

高校時代から学んでいる書家の「顔真卿(がん しんけい)」や書聖「王義之(おう ぎし)」などの育った環境や人柄も知ることができ、今後その方たちの書を学ぶ上でも見方が少し変わりました。

筆文字に人となりはちゃんと表れるのですね◎

通潤橋へ

  通潤橋1

ゴールデンウィーク、2泊3日で熊本の祖母の家に遊びに行ってきました♪

どこかドライブに♪と迷った末、幼い頃行ったことがあるらしい熊本の山都町にある『通潤橋』へ。植木町を11時半頃出発し、13時半前に到着。2時からの放水に無事間に合いました。
続きを読む →

『海と空』筆文字ロゴ

  海と空の建物からの景色

お部屋からこんなに素敵な景色の見える“サービス付き高齢者向け住宅「海と空」”さんのロゴタイプを書かせていただきました。

ロゴを書く前に見た、この海と空。そしてその間に見える関門海峡を頭に思い描きながら筆を走らせ、何案かご提案した中で一番最初に書いた文字に決まりました。

  海と空

こちらを運営されている会社はホームケア彦島さん。山口県下関市の彦島でデイサービスを中心に5つの施設をもたれています。

私はホームケア彦島の社長さんをはじめ、従業員の方々の笑顔、心遣い、社風がとても好きです。そして施設を利用されている方々の表情がいいなといつも思います。

お会いするたびに体を気遣っていただき、美味しいお菓子やお食事をご馳走してくださりいつも甘えてばかり^^ありがたいです。

下関市は親戚も住んでおり、昔からとても縁がある場所なのでまた何度でも足を運びたいなと思っています。

結婚祝 筆文字で彩るウェルカムボード

  ウェルカムボード

  筆文字ウェルカムボード

妹さんの結婚お祝いにと、“ウェルカムボードとして使った後、自宅で飾れる書作品”を頼んでいただきました。

言葉は『寿』と二人のお名前。

『寿』だけでは寂しいので松竹梅と富士山の絵をハートのカタチになるよう描きました。
額はA3サイズでマットゴールドの立体額。

後ろには白の手漉き和紙を敷き、書を引き立たせるために朱色に金の鶴の絵が入った友禅和紙を1cm、淵に使用しました。

書文字だけだと堅くなりがちなので、ちょっと遊びを入れて飽きのこない作品を意識して制作してみました。

ゴールデンウィーク中に結婚式があるとのことですが、妹想いの優しいお兄さまをもたれて羨ましく感じました(^^)

ご家族の皆様にとって幸せな日となりますように。

はじめまして

本日から開設致しましたMakilinkのブログ(ホームページ)です。

皆様と繋がりながら良いモノを作っていきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。 
  
  
私が『書』に出合って約25年。
お陰で数多くの経験をさせていただき、成長させてもらいました。

書は大変奥が深く、書の世界にも色々な道があります。
何本もある道の中でどこに進むか迷うことも多かったのですが、この論語に出合い考えが少し変わりました。
  
  
『知好楽』

子曰く、これを知る者は、これを好む者に如かず、
これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。

これを知っている者は、これを愛好する者におよばない。
これを愛好する者は、これを真に楽しむ者にはおよばない。

  
私自身、もっと書や日本の文化を知り、好きになり、そして心から楽しく書けるようになりたい。

この道に!と決めても思うようには進めないものです。それならば自分を信じて結果一本道になるよう歩んでいきたいと今は思います。