子どもたちの臨書!

280210azou
大人の書道教室ではこのように↑『一日一書』という本に掲載されている書体から、目に止まった文字を選んで「一教室一書」臨書していただいています。

全部で三巻あるため文字の数は365x3=1095書体。
一日一書
 
そして今回、
子どもたちにも、マキリンク書道教室に来てくれているからには本物を見て、いろんな書体があることを知って、思いのまま書いてほしい!という願いから臨書時間を設けてみました♪

思っていた以上に楽しんでくれて、子供の感性に感心するばかり◎

自分で書体を選び、見よう見まねで書いた作品を一部ご紹介します^^!
 

◯小学二年生(男の子)
※特徴の捉え方と発想が豊かで、迷いのない書きっぷりに感心しました。最後の字は思わず“ごぎぶり?”って言ってしまいました(笑)

『嵐』の行書
嵐
 

『喜』の篆書
喜
    ↓
喜書
 

『流』の草書?
流
    ↓
流

 
◯小学四年生(女の子)
※意味を理解しながら丁寧に書いて人柄も表れてます。筆遣いが上達していて見ている私が嬉しくなりました♪

『星』の篆書
星
    ↓
星の篆書
 

『言』の草書
言
   ↓
言

 
◯小学四年生(男の子)
※通いはじめて2ヶ月と思えない堂々とした書。難しい書体にも挑戦して書いていました。これからの成長が楽しみです!

『樹』の行書
樹
    ↓
樹草書
 

『民』の篆書
民
    ↓
民の篆書
 
少しでも書って面白い!楽しい!と思ってもらえたかな(^^)

私も初心に戻り、いろいろと学ばせていただきました◎

コメントを残す