マンガ 書の歴史

 マンガ 書の歴史

高校の頃から書道の歴史について学んではいるのですが、興味のある部分しか頭に入らないのが現状でした…。

そんな中、3年ほど前に購入していたこの「マンガ 書の歴史」を最近になってじっくりと読んでみたら、とても面白く、分かりやすく、逆にもっと歴史について知りたくなりました。

書道をされない方でも、文字がどのように生まれて、どのように進化し、中国から日本にどう伝わり、“ひらがな”ができたのかもよく書かれています。

高校時代から学んでいる書家の「顔真卿(がん しんけい)」や書聖「王義之(おう ぎし)」などの育った環境や人柄も知ることができ、今後その方たちの書を学ぶ上でも見方が少し変わりました。

筆文字に人となりはちゃんと表れるのですね◎

コメントを残す