書き初め臨書 〜石門頌(せきもんしょう)〜


今年の書き初めは、年賀状となりました。

が、臨書ではこちらの石門頌(せきもんしょう)。

命の最後の縦線がちょっと短くなりましたが…約10日ぶりの臨書は楽しかったです。

石門頌は、後漢の時代の褒斜道(ほうやどう)の開鑿(かいさく)修理記念の刻石で、岩壁に刻まれた隷書の摩崖石刻(まがいせっこく)。

高さ261cmX幅205cmに22行。1行に約30字刻文されています。

書風は、リズムと流動性に富んだ線でいて、こだわりがなく自由闊達で力強く、のびやかで情趣に満ち雄大且つ素朴であり、漢隷の中の“草書”と評する人もいるそうです。

また、のんびりとした気分も感じられ、自然人の飾り気のない無心さ、自在さがうかがえます。

私がはじめて石門頌を臨書したのは社会人に入って24歳の頃。

理由は、書を書くスピードが早すぎたのでゆっくり書けるようになりたいと思い、何を臨書して練習したら良いか先生に尋ねたところ「この古典を学びなさい。」と石門頌を紹介されました。

最初は書くリズムと独特な書体を掴むのに苦労しましたが、一度楽しいと思うと全臨(一冊書き終えること)もあっという間。

少しはゆっくり書く力もついたかなぁ〜^^;

それ以来でしたがやっぱり楽しいものです◎

 
◎おまけの書
タイトル:書き初めらしい書き初め

今年のテーマ「臨機応変」笑。

2件のコメント

  1. いつも素敵な書を拝見させて頂いております。
    今年は私ももう少し鍛練したいと思っております。
    今年も宜しくお願い致します。

  2. 片山 郁雄さま、見ていただきありがとうございます。嬉しく思います。
    こちらこそ今年もよろしくお願い致します。

コメントを残す