ちょっと香港へ 〜香港の筆文字〜

香港旅
先週末、香港へお友達家族に会いに行ってきました。

LCCのお陰で福岡から香港まで飛行機代往復3万円ちょっとで行ける時代。

機内は決して快適とは言えませんが…、ちょっと海外へ!っと思い立って行くにはほんとに便利です。

2年ぶりの香港は変わらずの建設ラッシュ、そして人も多い。。。

話によると店舗は2年おきに改装しないといけないとのこと。

入りたい企業(お店)がたくさんあるのでそういう規定にしているみたいです。

物価は日本より高く感じますが、いろんな国の人が生活をしていて、様々な文化が上手く取り入れられ、異国情緒ただよう雰囲気が香港らしく活気があり、好きです。

※上の写真はPMQ(元創方)という新しい施設で、元々孫文も通ったという「中央書院」の跡地。デザイナーやクリエーターたちの情報発信スポットとして新しく生まれ変わっていて、どこのショップもとってもお洒落でした♪

 
観光をしていてもやはり目がいくのは筆文字。と、アート的な面白いもの。

ということで、なんかいいなと思った筆文字などをご紹介します(^^)
 

●香港最大級の道教寺院「黄大仙」
入口。右左の上の隷書体がかわいい。
黄大仙
 
この字体、結構好きです^^
香港1
  
これも^^
黄大仙2 
 
力強くシンプルな“道”。 
道 香港
 

香港 お寺
 

280716honkon13
 
綺麗な楷書体。
280716honkon15
 

●飲食店の看板。
“古琴”は行草体なのに“臺”は楷書体。
香港 看板
 
こちらも“上海”は行書体で“廳”だけ隷書体。流行ってる?
280716honkon17 
 
●大通りに掲げられた看板。どんなお店か伝わりやすい筆文字。
香港 看板
  
●どこかの国の壁画に似ているけど漢字が書かれているのが香港らしい。
280716honkon21
 
●デパートのショウウィンドウに飾られてた筆?
筆
  
●金魚街。水槽に何気なく書かれた文字がいい感じ。
金魚
 
●朝ごはんを食べたお粥やさん。お粥は毎日食べてもいいくらい美味しいです。
お粥
 
●香港の夜の看板。
香港の夜
 
●こちらはおまけ(^^)
後ろ姿モニュメント
 

以上、お付き合いいただきありがとうございました◎
 

コメントを残す