大切な言葉を筆文字で 〜漢詩〜

御墓の言葉
御墓の文字を書かせていただきました。

刻まれた言葉は『花發多風雨 人生足別離(花發(ひら)けば風雨多く、人生は別離に足る)』。

意味は「花に嵐のたとえもあるぞ、サヨナラだけが人生だ」と、井伏鱒二さんが翻訳されたものです。

「どんなに綺麗な花が咲いても風雨で散ってしまい、また、どんなに親しき友も、何時かは別れ別れになってしまう」という解釈もあるようですが、人それぞれの感じ方がある漢詩だと思います。

この言葉に決まるまでいろいろな繋がりや経緯があったそうで、
“御墓を作るまで故人とのたくさんの思いでを共有できました。”という言葉を聞き、とてもあたたかい気持ちになりました。

その大切な言葉を頼んでくださり、どんな書体にしようかと迷いましたが、シンプルでお洒落な御墓のデザインの邪魔をしない、飽きのこない、読みやすい書体を何案かご提案させていただき、一番温もりを感じる隷書体に決まりました。
漢詩2

今は御墓もこのようにデザインできる時代なのですね。

故人もきっと喜んでくれていることでしょう。

本当にありがとうございました◎

 
◎おまけの一書
タイトル:和紙に書いてみた「花發多風雨 人生足別離」
漢詩

コメントを残す