一年ぶりの東北/宮城へ02(石巻・仙台・名取)

271220yurikasannoshi
つづき、東北3・4日目、お待たせしましたm(__)m

行く度にみなさんの優しい笑顔と、計り知れない力に、励まされます。

この上の↑筆文字は、震災時中学生で現在大学一年生になるゆりかさんがの詩。

ゆりかさんの詩には特に心動かされています。

いつか本にしたいな。。。

では、2日間で書かせていただいた言葉と写真を少しをご紹介します。

【おちゃっこ湊】
271213ishinomaki04

壽 ことぶぎ 言祝き 祈って幸福を招くこと

みんなの笑顔がステキ♡

和合

ほどほどにね

花鳥風月

健康

健康第一

家族円満

幸福来訪

七転八起

和風慶雲

十五浜屋さんへ「いまから ここから」 ㈲ヤマユ佐勇水産

味楽

純ちゃんへ
どんな時でも前を見る 例え辛いものしか見えない時でも
その先に明るい未来があると信じて 自分の道を突き進む
ゆりか

夢という種を蒔き 努力という水を与え 
みんなの支えという光をもらい 夢が叶い花が咲く
(ゆりかさんの詩)

積み上げてきたものが一瞬にして壊れた
こんなにも普通の生活を幸せに感じることはない
簡単に壊されたものは同じものに戻らない
また積み上げ始めるのには時間が掛かるだろう 
でもゆっくりゆっくりと進めていけばいつかはまた幸せに感じる
その日に向かって私は歩む
(ゆりかさんの詩)

幸せを噛み締め進んでいく
つまずいても転んでも何度でも立ち上がる
私たちはそれだけの力を持っているから
何にも負けない力を
(ゆりかさんの詩)

辛いことがある
人生には乗り越えなければならない壁がある
向かい風の中でもがくことしか出来ない時 何をやってもうまくいかない時
どうしようもない気持ちになるだろう
でもいつかはその状況が変わる時がある
だからその瞬間まで全力を出し続けろ
その風に乗ることが出来れば苦しんだ分どんどん進めるだろう
(ゆりかさんの詩)
 

【茶房 藤】
271214tugihagi

幸福

笑顔

笑う門には福来たる

笑顔と元気

前向きに行こう

労天下用

健康が一番

つぎはぎすっぺっ茶

 
【空港まで向う車中から撮影した名取の風景】
手付かずの小学校。
271214sendai02
 
家の下地。
271214sendai03
 
奥の海岸沿いに茂っていた松の木の山。
271214sendai04

来年3月で5年が経ちます。

現地に行かないと見えないもの感じることができないことたくさんあります。

また来年も必ず訪れよう!そう思った東北旅でした。

感謝。

コメントを残す