2020年四字熟語カレンダーできました!


毎年恒例四字熟語カレンダーがやっと^^完成しました♪

2020年の四字熟語は『一燈照隅(いっとうしょうぐう)』です。

今回もいろいろ書いた中からこちら↓に決定!!

比叡山延暦寺を開いた最澄の言葉で、簡単な意味としては「一隅を照らす」、「人の心に灯をともす」。

「最初は一隅を照らすような小さな灯火でも、その灯火が十、百、万と増えれば、国中を明るく照らすことになる」という意味です。(一燈照隅、万燈照国)

他にも、一人ひとりが置かれている環境で精一杯努力することが、組織全体にとって最も貴重であるという教えなどがあるそうです。

四字熟語を何にするか悩んでいたときにブラタモリというTV番組の比叡山延暦寺の回が流れていて、最澄が最も大切にしていた言葉が「一燈照隅」だったと説明があり、心にすーっと響き、決めました。
 

例年同様、お好きな言葉を書かせていただくカレンダーや今年から文字をお書きしない用紙のみの販売もはじめました。

墨絵動物カレンダーはもうしばらくお待ち下さいm(_ _)m

ご希望の方はサイト上のメニューSHOPからお申込みくださいませ。

またはこちらから→Makilink Web Shop

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

2件のコメント

  1. 一隅を照らす。最も好きな言葉です。地道なひたむきな姿勢でも、人々に少なからず、明かりを照らし影響を与えるもの。私も、少しは近付けたいものです。トホホ。

  2. 不折さま、コメントいただきありがとうございます。お好きな言葉なのですね。恥ずかしながら私は初めて耳にした言葉でした。本当に素敵な言葉です。私もそうありたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。