詩の一節を書く 〜此中有真意〜


「この中に本当の心がある」

陶淵明(とうえんめい)の「飲酒詩」の一節。

此中有真意は“この中に真意あり”と読みます。

意味は“この中に本当の心がある。説明しようと思っても言葉にすることのできるものではない。”

芸術とは、その表現する内容を言葉によって説明できるものではない。だからこそ、それぞれの表現方法に価値があるのである。鑑賞者は理解するのではなく、体験しなくてはならない。[参考本:篆刻名品選 日本の遊印 より]

だそうです^^

篆刻を参考に篆書体で書いてみました。

緑も添えて♪

 
◎おまけの写真
タイトル:墨絵(ベトナムのカフェにて)

コメントを残す