『華』を篆書と草書で。


先日ご紹介させていただきましたネパールの手漉き紙シリーズパート2!

“ピンクのマーガレット柄”です。

紙質ともピッタリ合った可愛い色合いのデザイン♪

『華』という文字を篆書体と草書体で書いて加工してみました。

左が篆書、右が草書。

紙だけ額に入れて飾ってもよさそうです(ちょっと派手ですが^^)。

白い清紙(半紙)に書いてすぐはこんな感じでした↓

ちなみに、ネパールの紙を購入した大好きな紙屋さんは福岡の“REGARO PAPIRO”というお店です。

ラッピングペーパー用の紙を販売されているのですがラッピングとして使ったことはありません^^

作品づくりにとっても役に立っています◎

コメントを残す