羊が入った漢字 〜善・美〜

善
「善」と「美」を続けて書いていると、両方に「羊」が隠れていることに気付きました。

語源を調べてみると。。。

『善』は、「羊」と2つの「言」から出来た字。

「羊」はめでたいことの意味がある「祥」からきていて、めでたさに満ち溢れているさまが原義。

ここから、広くよいこと、よい、よいこと、こころよい、理にかなう、すぐれた、仲良しなどの意味に繋がったそうです。

作品や贈る言葉としても使われる一文字漢字です。


270129bi
『美』は、動物の「羊」の全形からできた字。

「羊」は羊の上半身を前から見た形からできた字ですが、羊の後ろ足まで加えて上から見た形が「美」だそうです。

美の下部の「大」は、牝羊の腰の形に似ていることから成熟した牝羊の美しさを「美」といい、ここからうつくしいの意味に用いられることになったようです。

はじめて知りました(*^^*)

Comment

  1. やまもとひとみ より:

    私の高校の書道の恩師から、「美」の羊の下は「火」で、羊を神様に人身御供(人の代わりに)捧げたということで、身を呈して神にささげる行為が「美しい」ということでは。と言われていたのを思い出します。いろんな説がありますよね。ただ、漢字の作りは往々にして「神」が存在しているように思います。

  2. 西尾真紀 より:

    やまもとひとみさん、コメントありがとうございます!
    なるほどですね。確かに昔の美は下が火となってる書き方が多いですし、そのように書いてある資料もありました。私も語源を知れば知るほど神と繋がってるんだな…と思います。

  3. うりしっぽ より:

    お久しぶりです。

    羊って、そんな素敵な漢字だったんですね!年女なだけにとっても嬉しいお話です♩(そして同時に、本厄なんですけどね、、、ーー;)

    「善」も、「美」も、かっこいいです。
    カレンダー、印刷分の言葉も気に入っていたのですが売切れなんですね。
    残念ですが、それではと、書いていただきたい言葉(文字)を模索中です。
    「羊」もアリですね!

    家族からのリクエストも揃いましたら、まとめて依頼させていただきます〜(*^_^*)

  4. 西尾真紀 より:

    うりしっぽさん、ご無沙汰してます!
    年女なのですね。羊って昔からある素晴らしい字です(^^)私はヘビなので羨ましいです。。。

    カレンダーの四字熟語は売り切れてしまいましたm(_ _)m空欄の分は追加してまだありますので、ぜひぜひお知らせくださいね♪
    また改めてご連絡します!

コメント