2015年度カレンダー 書き初め

書初め
先日の”山手のマルシェ”では、マキリンクに立ち寄っていただいた方々、足を止めて少しでも見てくださったみなさま、本当にありがとうございましたm(_ _)m

カレンダーや書作品の販売と1回300円の書道体験という初の試みで出店してみましたが、いろんな出会いや繋がりがあり、勉強させていただきながら楽しませてもらいました。

お客さんの中には「何年か前にイベントで書いてもらって、またこの文字を書いた人に会いたいと願ってました~」と言ってくださる方もいてとても嬉しかったです^^

そして今年も約2ヶ月残っておりますが、毎年恒例のカレンダーに早々と書初め!(^^)
続きを読む »

山手のマルシェ ☆ご案内☆

261023yamatenomarisye
今週末土日の10月25日・26日に第二回『山手のマルシェ』へ出展することになりました。

企画した実行委員長、松光建設の村松さんと同級生繋がりでご縁があり、山手のマルシェへの熱い想いとお人柄に惹かれ、参加させていただくことになりました(^^)

こどもたちにはこれでもかっ!というくらいたくさんの体験場所があり、大人はカフェや雑貨で安らぎの時間を過ごせる…みんなが楽しめるイベントです♪

なかなか体験できないワークッショップや素敵なショップもいっぱいあるので、私も楽しみたいな〜と思っています(*^^*)

その中で、こどもさん限定で大工職人体験ができるワークショップがありまして、認定証を作らせていただきました。
続きを読む »

日日是好日の掛け軸

掛け軸
息子夫婦が新築を建てたのでそのお祝いにと掛け軸を頼んでくださいました。

私と同じ年代のご夫婦で新居は洋風に近い和モダンなお家(ちょっと表現が難しいですが…^^;)の床の間に掛けたいとのことでしたので、長さを短めにし、よく使われる和柄が入った布地を使わず、シンプルな色合いでまとめました。

また、1色だと面白く無いので文字のバランスを見て、右側を薄色で幅を細くしてみました。
掛け軸 日々是好日
続きを読む »

月を見て筆書きしてみました

月
今更ですが。。。皆既月食、綺麗でしたね〜(^^;)

皆既月食を見て書いたみた筆文字です。

「月華(げっか)」

月という文字が入り、皆既月食にピッタリの四字熟語の一部。

その四字熟語は唐時代の杜荀鶴(とじゅんかく)の旅懐(りょかい)という詩の中にある、「月華星彩(げっかせいさい)」です。

月の光と星の光。夜の美しい光景。

という意味があります。

続きを読む »

オリジナル壁紙 あの“キリン”♪

キリンの壁紙
マキリンクのキリンさんが壁紙になりました〜♪

以前ご紹介したキリンさんにMakilinkという文字をタテガミ風に入れて。。。
261008kirin
アトリエに合うような強調しすぎない色をイラストレーターで付け、左下に落款を添え、壁紙用に出力したものを貼ってもらいました^^

もともとの壁はこんな感じです↓
続きを読む »

余り紙に臨書(練習)

余り紙に臨書
展覧会用の作品は無事に(^^;)提出できました!

最後は何処まで書き続けて終わりを決めるか、、、自分との戦いでした。

納得できる作品はそう簡単に書けず、時間だけが過ぎ(スタートが遅すぎたのですが・・・)、購入していた和紙も残りわずかになると気持ちだけが焦り、さらに書けなくなるばかり。。。

ただただ書き続けて最後の1枚となると何かが吹っ切れたようで、今の実力はこんなものか・・・と、一応“印”を押せる作品が書けました。

改めて年に1回でも展覧会へ出品することは大切だなと思いました。

賞を取りたいからではなく、客観的に自分の実力を知ることが出来ますし、線質はもちろん忍耐力や精神的なものまで一歩成長できる気がします。
続きを読む »

展覧会用の作品づくり vol.3

作品練習
展覧会出品用の言葉や書体をいくつか考えて、その書体や書き方、意味合いが展覧会作品に相応しいか等の添削を今も習っている恩師にお願いしました。

選んだ文字は大丈夫とのことで、書き順やバランスなどを見ていただき半紙に書いてもらいました^^
添削

そのお手本を参考にいよいよ練習です。

と、その前に大切な墨の準備から。。。
続きを読む »

展覧会用の作品づくり vol.2(紙について)

和紙
紙にはたくさんの種類があるので展覧会用となると特に迷います。

なので書道具店の詳しい店員さんに自分が書きたい書体などを説明し、何種類かおすすめしていただいた紙に店内で試し書きをさせてもらいながら筆が運びやすく墨色の良い紙を選びます。

値段も様々で175㎝X45㎝の場合は一反(50枚)約3千円から1万円以上まであります。

安いものではないので、購入後実際に書いてみてやっぱり違った…となるのはもったいないので、何枚かずつ何種類かの紙を購入して使用することも多いです。(書道具店によっては一反売りのみのところもあります)
続きを読む »